ブログ記事

  • やどかりの里大バザー支援

    やどかりの里は,精神障害のある人たちが,地域の中で生き生きと暮らし,働くことを目的に設立された民間の公益法人(社団法人)です。
    大宮南ロータリークラブは、年1回行われる「やどかりの里大バザー」の品物の寄付と販売の手伝いをしています。

     

    ①.jpg

    【大宮南ロータリークラブ 大宮開成高校ローターアクトクラブの皆さんと】

     

    大宮南ロータリークラブが設立した大宮開成高校インターアクトクラブの皆さんも顧問の山崎先生と一緒にボランティアで参加しています。
    震災、台風災害の時には大宮駅や新都心駅で募金活動を一緒に行いますが、大宮開成高校インターアクトクラブの皆さんの若い力には、いつも感激、感謝です。

     

    ②.jpg

    【バザー会場の様子】

     

    ③.jpg

    【新調したベストを着て販売前に気合を入れる】

     

    今年度はロータリークラブのロゴの入ったベストを新調しました。
    周一回の例会はとても厳粛に行われますが、TPOに合わせ本日はバザー用の顔です。
    販売のボランティアは左から、福光幹事、樺沢前年度会長、大沢奉仕プロジェクト部門委員長、藤井地域社会奉仕委員長、清水会長です。

     

    ④.jpg

    【金杉会員も応援に駆けつけてくれました】