2017-2018年度 事業計画

クラブ管理運営部門

委員長  片岡 隆史

クラブ管理部門は、本来われわれクラブのメンバーに対しての奉仕をする部門であります。楽しい例会を構築するためには、活気ある有意義なプログラムを企画して、その事によりクラブの活性化が図れて例会への参加増を促す事になると思います。 また、様々な親睦の場を設けて行く事により、会員同士やクラブ内外の親睦・友情を深めて行きたいと思います。そして今後も円滑なクラブ運営を行うために、楽しく新しいアイディアを取り入れて 「変化をもたらす」 元気で 楽しいクラブづくりを進めて行き、会員全員が大宮南RCに入って良かったと実感出来るクラブづくりの一員として微力ながら努めさせて頂きたいと思います。

プログラム委員会

委員長  金杉 和秋

副委員長  間瀬 秀樹

【活動方針】
今年度のプログラム委員会といたしましては、「変化」を実現することを目標にいたしまして、積極的に活動してまいりたいと思います。いわゆる「ゆで蛙」にならないように、会員の皆様にとりまして有意義であり、かつ新鮮な内容になりますような外部講師を皆様のご意見を参考にして、お招きいたしたいと思います。
【活動事項】
1、季節ごとにテーマを整理する
2、会員の皆様に共有化できる内容にする
3、会員の方にも積極的にお願いする
以上3項目を意識して、「変化」が感じ取れ、チャレンジングなクラブを目標に、この1年間活動してまいりたいと思います。プログラム委員会が実のあるものになるためにも会員の皆様にはご協力と積極的なご参加をお願いいたします。

親睦委員会

委員長  植村 貴昭

副委員長  北村 政則

【活動方針】
より一層の会員間の親睦を図るということを目的に活動いたします。
特に、新人会員はクラブに対してまだまだ溶け込めない状況かと思いますので、その段階で手厚いフォローをできるように親睦を図り、より活動的、及び、明るいクラブにするという変化をもたらすということを目指してまいります。
【活動事項】
1、 忘年家族会の実施
2、 親睦旅行の実施(岡山)
3、 親睦ゴルフコンペの実施
4、 新人親睦会の実施

出席委員会

委員長  野本 悦子

副委員長  山本 かなえ

今年は40周年という記念すべき年。今まで以上に会員相互の深い友情、充実した例会、魅力ある親睦会と他の委員会と連携を取り出席率アップを目指して行きたいと思います。どうぞ、会員の皆様ご協力宜しくお願い致します。

公共イメージ向上委員会

委員長  宗像 英明

副委員長  福田 涼子

【活動方針】
今年度のキーワドは「新しさ」と「変化」だと思います。
委員会の名称も新しくなりました。広報活動も少しずつ新しいものにしていきたいと考えています。
具体的には、ホームページはロータリーの存在と当クラブの活動を一般の方に知っていただくためのツールとし、会員増強に結び付くものにします。会員間の情報交換のツールとして利用しているラインのほかに外部に発信するツールとしても利用できるフェイスブックの導入をします。また、奉仕プロジェクト部門とも相談しながら、奉仕活動の場は公共イメージ向上のための場でもあると捉えて、積極的にロータリーのイメージ向上のための活動をしていきます。
【活動事項】
1、イメージ向上を意識したクラブHPの更新
2、奉仕の場での広報活動
3、クラブジャンパー等の作成、活用
4、地元メディアへの情報の提供

会員増強維持部門

委員長  杉村 俊明

会員増強は「membership development」の訳です。手続要覧の英語版原文では「membership growth and development」です。「growth」は量的な増大、「development」は質的成長・進化・発展という意味に「and」を使って使い分けられています。英文の意味に込められた「会員の組織的発展」はクラブ組織の充実、強化するという事につながると思います。
つまり会員増強とは何か。
1、「クラブ組織の強化」
2、「会員各個人の能力の開発」
3、「活動の結果として会員数の拡大」
会員増強とは、ロータリアン一人ひとりの「奉仕の理想」の実践活動です。
今年度のRI会員増強の目的は
1、「女性会員の増強」
2、「40歳未満の増強」
3、「退会防止」
ロータリーの理念の普及とう使命から数の拡大は必然です。大宮南クラブでは49名という目標に向けて、それを可能にするような組織力を創り上げることで、今までと違う変化のある具体的活動が「会員数の拡大」につながると思います。

会員増強維持委員会

委員長  橋本 洋子

副委員長  藤井 フヂ子

今年度は入会増強はもとより、退会者0を目指して頑張っていきたいと思います。万が一退会を希望される方がいる場合は、改善できる点は改善し時間をかけて粘り強く説得したいと思います。現役でしかも代わりのきかない仕事をしている方々が仕事優先でも続けることができるロータリーに変革しなければ、人材を入会させ維持していく事は難しいと思います。この点においても理事をはじめとする役員の皆様のご理解をお願い致したいところです。また、魅力あるプログラムであるかどうかの要であるプログラム委員会とも連携させていただきたいと思います。大変微力ながら精一杯頑張りますので会員の皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ロータリー情報委員会

委員長  柴田 覚

副委員長  堀 奉之

【活動方針】
会員にロータリーを正しく理解して頂き、奉仕活動や親睦を通して、「自己研鑽」を積み、ロータリーライフをエンジョイ頂きたいと思っておりますが、最近の新入会者はロータリーを理解しないうちに退会してしまうケースが多いと言われております。その原因の多くはロータリー情報を与える側の一方通行的な手法にあると思います。新入会員の知りたいロータリー情報ニーズは何かを把握し、双方向性を持った参画型のロータリー情報の提供が必要です。その事を踏まえ、今年度はクラブ研修リーダーと連携を取り、時流に適応した参画型のロータリー情報の提供を推進して参ります。
【活動事項】
1、「ロータリーの友」「ガバナー月信」などから重要なポイント記事をピックアップした、ロータリー情報かわら版を作成し、例会で告知する。
2、研修リーダーと連携して、新会員研修(入会3年未満)のロータリー情報カリキュラムを作成する。
3、手法も従来の一方通行型から、双方向性を持たせた参画型へシフトする。

奉仕プロジェクト部門

委員長  大沢 守輝

奉仕プロジェクト部門はロータリー活動の中で最も地域社会に近いところでの活動となるため、活動結果が即、ロータリーに対する地域の公共イメージとなる重要な部門です。各委員会に於いても毎年同じことの繰り返しとならないよう事業の「継続・中止・新規」を検討し変化をもたらそうと計画しております。また、大災害の際にはローターアクト、インターアクトと共に直ちに行動を起こせるよう連絡を密にしておこうと思っております。会長、委員会、地域が効果的に連携をとりながら実りある奉仕活動を行えるよう活動していく所存です、会員皆様の積極的な参加とご協力をお願い致します。

職業奉仕委員会

委員長  川崎 幹男

副委員長  増井 大輔

【活動方針】
ロータリーの原点は親睦と奉仕です。親睦を通じて心の通じ合う仲間との絆を更に深め、「職業奉仕とは何なのか」を考察し、ややもすれば、狭い範囲で捉えがちの視点を一段高く引き上げ、幅広い観点から職業奉仕を見つめ直す機会を創出します。
【活動事項】
1、 移動例会を企画立案、遂行する(新江ノ島水族館を実地にて視察し、同館のバッグヤードを含めた職業奉仕の実態を確認。現地にて、同館運営の代表より本施設運営する上ので苦労話、成功体験等卓話を頂く)
2、 学校法人開成学園の、生徒若しくはご父兄にロータリークラブ会員が運営する実業を間近で見てもらう機会(体験学習)を提案
※青少年へ様々な職業があり、職業現場を体験していただくことで、職業奉仕を学んで頂くとともに、会員の企業をPRするだけでなく、大宮南ロータリークラブの活動もPRする。

地域社会奉仕委員会

委員長  藤井 フヂ子

副委員長  渋谷 佳孝

【活動方針】
社会奉仕活動をすることによって変化をもたらす充実感のある委員会にしたいと思います。
【活動事項】
1、やどかりの里 バザー協力支援(魅力的な商品の品揃え)
2、白菊苑へのタオル、カレンダー寄付(他の老人ホームへのタオル、カレンダー寄付も検討中)
3、書き損じ葉書の回収 シール切手販売大宮東口の清掃(青少年と一緒に大宮駅との協力で実施)
4、桜植樹4本(記念事業)
5、ペットボトルキャップ回収
先輩方の残して下さった行事に敬意を表し、社会奉仕を引継ぎ、継続実施する予定です。楽しく明るく委員会活動ができますよう、一年間ご支援ご協力を宜しくお願い致します。

国際奉仕委員会

委員長  矢野 定幸

副委員長  片岡 隆史

【活動方針】
ロータリークラブの第四部門である国際奉仕は、クラブ活動等を通じて、他国の人々とその文化や慣習、理想さまざまな問題に対する認識を培うことによって国際理解、親善、平和を推進するために行う全ての活動から成するものです。国家間の社会的情勢や紛争による被害など懸念される中、より一層強調しあい、共通の基盤を育成すると共に、自然災害による被害など緊急を要する事態が発生した場合率先して活動してまいりたいと思います。また本年度は、長年に渡って交流を続けてきた台湾の永和ロータリークラブが、40周年式典により来日されます。さらなる変化を求め、親善を深められるよう努力したいと思いますので、皆様のご協力の程宜しくお願い致します。
【活動事項】
1、永和ロータリークラブとの姉妹締結(記念事 業)
2、40周年式典で来日する永和ロータリークラブとの親睦

青少年奉仕委員会

委員長  黒臼 秀之

副委員長  堀田 敏広

【活動方針】
次世代を担う青少年育成の重要性から2010年規定審議会において、第五の奉仕部門として青少年奉仕が加わりました。青少年の時代にロータリーの奨励する国際理解、親善、平和について少しでも多く体験して頂き、将来の可能性を広めて頂きたいと考えます。当クラブでもホストクラブの開成高校インターアクトクラブや地域青少年の活動支援を継続し未来のリーダー育成に努めてまいります。また今年、清水会長年度は創立40周年を迎える事となり、記念事業として大宮南ローターアクトクラブを設立いたします。今後は、ローターアクトクラブも私たちの仲間に加わり幅広い若者たちと奉仕の理想について語り、地域に必要とされる奉仕活動へと結び付ける事で、クラブのメンバーひとりひとりに変化をもたらしたいと思います。本年度、青少年委員会へのご理解、ご協力をどうぞよろしくお願い致します。
【活動事項】
1、 大宮南ローターアクトクラブ設立(記念事業)
2、 開成高校インターアクトクラブ活動支援
3、 大宮南ロタリークラブ旗争奪野球大会支援

ロータリー財団委員会

委員長  阪 泰彦

副委員長  溝口 泰男

ロータリー財団は「寄付を受け取り、ロータリークラブや地区の人道的及び教育的活動でロータリー財団が承認したものに補助金を提供する非営利法人」と定義されています。大宮南ロータリークラブの奉仕事業・ネパールの子供たちへ学校、及び勉強道具への支援、そして少年野球大会優勝カップ・優勝旗等の支援です。本年度2770地区目標の寄付金額は会員一人200ドル、ポリオ50ドル、ベネファクター一人1000ドルです。委員会報告や卓話を通じて財団の仕組みや意義をわかりやすく説明し会員の理解を深めた上で協力をお願いしたいと思います。

米山記念奨学委員会

委員長  渋谷 佳孝

副委員長  高橋 正雄

【活動方針】
米山奨学事業は、ロータリーの理想とする国際理解と相互理解に努め、国際親善と交流を深めるために優秀な留学生を支援し、日本と世界を結ぶ平和の架け橋となって、国際社会で活躍し、ロータリー運動の良き理解者となる人材を育成することを目的としております。事業の意義をご理解いただくために、米山奨学生の卓話を実施し、多くの会員から寄付を募ることで個人寄付率の向上や寄付金目標額の早期達成を実現したいと存じます。また、地区の学友管理委員会との連携を図り、米山学友との交流を通じて繋がりを強化するとともに40周年の記念すべき年度に新たな奨学生を迎え入れる準備を進めてまいりたいと考えておりますので、会員の皆様のご支援とご協力を宜しくお願い申し上げます。
【活動事項】
1、寄付金目標額の早期達成
2、米山奨学生の卓話の実施
3、学友管理委員会との連携
4、米山学友との繋がり強化
5、奨学生の迎え入れ準備

40周年実行委員会

委員長  佐藤 誠

副委員長  小平 啓介

【活動方針】
大宮南RC第40代清水会長年度の最重点活動に位置付けられた『40周年記念事業』の成功をメンバー全員が一丸となって達成できるよう万全の準備と実行を進めてまいります。
具体的には清水会長をトップとして『大宮南ロータリークラブ創立40周年記念事業実行委員会』を組織し『記念事業』『記念式典』『記念誌』『交流事業』の4委員会を設け、原則全メンバーが実行委員会に所属していただきます。諸先輩方には『相談役』として適時アドバイスをいただきながら執行部として会長・幹事、会計、事務局長(副委員長)といった全体組織図を6月中には完成させて新年度に臨みます。
40年と言う長きに渡る当クラブの伝統を重んじつつ『大宮南ロータリークラブらしい』アットホームなおもてなしの精神で旧在籍者(退会者)にも可能な限りお声がけをし、新たなメンバーの掘り起こしにも一役買っていただき、これからのクラブの更なる発展に繋げていける周年事業にしてまいります。